• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「笠の台」は、笠をかぶせる台ということから、人の首の意》首を斬られて頭と胴とが別々になること。打ち首になること。

「悪く邪魔立てひろぐが最期、―の生き別れ」〈伎・小袖曽我