• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

定常波などで、振幅が零または極小のところを節 (ふし) または節 (せつ) といい、これを結んでできる線。弦の振動では点、膜や板の振動では曲線や直線となって現れる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉