1. 小腸粘膜面にある、細かい突起。表面積を増大させ、栄養素を効果的に吸収する。柔突起。

  1. 哺乳類の胎盤と子宮壁との接触面にある突起。酸素や栄養素の交換が行われる。