Katedrala sv. Stošije》クロアチア南西部、ダルマチア地方の港湾都市ザダルにあるロマネスク様式の大聖堂。4世紀から5世紀頃の教会に起源し、12世紀に建造された。13世紀初頭にベネチア共和国率いる第4次十字軍の攻撃を受けて破壊され、その後修復された。ダルマチア地方最大の教会として知られる。