• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「どうかけ」とも》三味線で、演奏時に右腕がのる胴の部分にかける布製または皮製の覆い。胴当て。