• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 五十音図サ行の第5音。歯茎の無声摩擦子音[s]と母音[o]とから成る音節。[so]

  1. 平仮名「そ」は「曾」の草体から。片仮名「ソ」は「曾」の初2画。

[補説]「そ」は古く[tso](あるいは[ʃo][tʃo])であったかともいわれる。室町時代末にはすでに[so]であった。

きぬ。ころも。着物。多く「おんぞ(御衣)」「みそ・みぞ(御衣)」の形で用いる。

「神― (みそ) 織りつつ」〈神代紀・上〉

古代中国の祭器の一。いけにえの肉をのせる脚つきの木製の台。

  1. ある血統・家系の初代。「当家の祖」

  1. ある物事を始めた人。元祖。開祖。「天文学の祖」

せ。せなか。多く、他の語と複合して用いる。「背びら(背)」「背とも(背面)」

「辺 (へ) つ波―に脱き棄 (う) て」〈・上・歌謡〉

悪性の腫れ物の一種。背中などにできる。癰 (よう) の類。

「―潰 (つぶ) れて止 (や) み」〈梁塵秘抄口伝・一〇〉

天子の位。

「皇子御誕生あって、―をつがしめん事も」〈平家・三〉

律令制における基本的物納課税の一。口分田位田功田などに課され、田一段につき稲二束二把(のち一束五把)を納めるもの。正倉に蓄積されて、毎年の出挙 (すいこ) による利稲は地方各国の財源となった。→庸 (よう) 調 (ちょう) 

  1. 染めてない絹。白絹。

  1. 数学で、二つの数・式の一方がそれぞれ他で整除できない関係にあること。

あさ。多く、他の語と複合して用いる。「山麻」「菅 (すが) 麻」

「娘子らが続麻 (うみを) のたたり打ち―掛けうむ時なしに恋ひ渡るかも」〈・二九九〇〉

牛や羊の乳を煮詰めて濃くしたもの。

「凡そ諸国―を貢ぐ」〈延喜式・民部省下〉

中国の国名。

春秋戦国時代の国。戦国七雄の一。揚子江中流域を領有し、都は郢 (えい) 。春秋中期にはなどを圧迫し、と対立。荘王中原の覇者となったが、前223年、に滅ぼされた。
五代十国の一。許州の馬殷 (ばいん) が後梁から招じられて、927年に建国。951年に南唐に併合されて滅亡。
北宋滅亡後の1127年、が宋の旧領に建国。1か月余りで滅亡。
  1. 洋楽の階名の一。長音階の第5音、短音階の第7音。

  1. 日本音名ト音のイタリア音名。

ソビエト社会主義共和国連邦」の略。「日ソ交渉」

[代]

  1. 中称の指示代名詞。それ。

    1. 「受付は―を受け取り」〈独歩・牛肉と馬鈴薯〉

    2. 「妹が門 (かど) 行き過ぎかねつひさかたの雨も降らぬか―をよしにせむ」〈・二六八五〉
  1. 三人称の人代名詞。その人。

    1. 「―が言ひけらく」〈土佐

[名・形動]

  1. あらいこと。雑なこと。大まかなこと。また、そのさま。

    1. 「表面の―なる物体に」〈寅彦・ルクレチウスと科学〉

  1. 粗末なこと。また、そのさま。

    1. 「只管 (ひたすら) 服装の―なるを排して」〈逍遥当世書生気質

[名・形動]

  1. 間がすいていること。まばらなこと。また、そのさま。「人口密度が疎な地域」「天網恢々 (かいかい) 疎にして漏らさず」⇔

  1. 関係が薄いこと。うといこと。また、そのさま。「級友との仲が疎になる」⇔親 (しん) 

[感]

  1. 馬を追うときの声。

    1. 「左奈都良 (さなつら) の岡に粟 (あは) 蒔 (ま) きかなしきが駒は食 (た) ぐとも我 (わ) は―ともはじ」〈・三四五一〉

  1. 相手の注意を引く声。

    1. 「あとも―とも言はば、一定事も出で来なんと思ふ」〈義経記・三〉

[終助]サ変・カ変動詞の未然形、その他の動詞の連用形に付く。中世には、サ変動詞の連用形にも付く。
  1. 副詞「な」と呼応して、禁止・制止の意を表す。…てくれるな。…なよ。

    1. 「な恨み給ひ―」〈徒然・六九〉

  1. 副詞「な」は用いないで、禁止・制止の意を表す。…てくれるな。…なよ。

    1. 「かく濫 (みだり) がはしくておはし―」〈今昔・一九・三〉

[補説]上代は「な」だけで「そ」を伴わない例もあり、禁止の意は「な」のほうにあって「そ」は軽く指示するにすぎなかったといわれるが、院政期ごろから中世にかけて2の用法も現れた。
[係助]
[語素]他の語と複合して、十 (とお・じゅう) の意を表す。「三十一 (みそひと) 文字」「八 (や) 十じ」
[語素]《「いそ(磯)」の音変化》他の語と複合して、いその意を表す。「荒 (あり) 磯」「離れ磯」「磯なれ木」

そう

[副]そう」の音変化。「そか、分かった」
[感]そう」の音変化。「そ、良かったね」