1. 人や猿の、肩から手首までの部分。また、手の部分も含めていう。「腕が長い」「腕を組む」

  1. 物事をする能力。技量。うでまえ。「腕の見せ所」

  1. 腕の力。腕力。転じて、武力にもいう。「腕にものを言わせる」

  1. 道具などで、横に突き出た部分。腕木 (うでぎ) 。「クレーンの腕」

  1. 動物の前足や、タコ・ヒトデなどの物をつかむ働きをする器官。

[補説]古くは肩からひじまでを「かいな」、ひじから手首までを「うで」と区別した。「かいな」は相撲用語として現代でも用いる。肩からひじまでは「二の腕」ともいう。