• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)いましめること。また、自らつつしみいましめること。
  • 「余は時々に発明してみずから―なすべきなり」〈逍遥小説神髄