銅に金3~4パーセント、銀約1パーセントを加えた銅合金硫酸銅酢酸銅などの水溶液中で煮沸すると、紫がかった黒色の美しい色彩を示すので、日本では古くから紫金 (むらさきがね) ・烏金 (うきん) などとよばれ重用された。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫