• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

土踏まずを形成する足底腱膜がもろくなり、裂けて起こる炎症。朝起きて歩き始めた際にかかとの内側が痛むのが特徴。日中に痛まないのは、夜、睡眠中に修復された裂け目が朝の第1歩で再び切れるためとされる。湿布、足裏のストレッチが有効。踵骨棘 (しょうこつきょく) 。足底筋膜炎。