• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. しばらく足を止める所。行動の根拠地。

    1. 「白河家を―にして、京都の公卿たちの間に遊説を思い立つものがある」〈藤村夜明け前

  1. 足を掛けて支える所。足場。足掛かり。