島崎藤村の長編小説。昭和4~10年(1929~1935)発表。明治維新前後の動乱の時代を背景に、木曽馬籠宿の旧家の当主、青山半蔵の苦難の一生を描く。モデルは作者の父。昭和28年(1953)、吉村公三郎監督、新藤兼人脚色により映画化され、第8回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

夜が明ける直前。また、苦難や雌伏の時期が終わり、事態が好転する直前のたとえ。

[補説]作品名別項。→夜明け前