• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いく重にも取り囲むこと。また、その囲み。じゅうい。

「身を賭 (と) して早く風雨の―を通り過ぎなんと思うのみ」〈蘆花不如帰