• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加圧重水型原子炉(PHWR)の一つ。天然ウランを燃料とし、減速材冷却材重水を共用する。圧力管型のCANDU炉とは異なり、減速材の重水も原子炉圧力容器内で加圧される。1960年代に西ドイツで開発され、アルゼンチンで3基が運用されている(2016年7月現在)。