• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ビュヒナーの解説 - 小学館 大辞泉

[1813~1837]ドイツの劇作家。人間の実存を追求する写実的な作品を書いた。革命運動に加わり、亡命先のスイスで病死。戯曲「ダントンの死」「ウォイツェック」など。ビューヒナー。

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉