高浜虚子の解説 - 小学館 大辞泉

[1874~1959]俳人・小説家。愛媛の生まれ。本名、清 (きよし) 。正岡子規に師事。俳誌「ホトトギス」を継承して主宰、多くの門下を育てた。句風は客観写生・花鳥諷詠に立ち、平明で余情が深い。文化勲章受章。著「虚子句集」「五百句」、小説「風流懺法 (ふうりゅうせんぽう) 」「俳諧師」など。
大野林火によるの評論。昭和19年(1944)刊。その後、昭和24年(1949)に増補版、昭和49年(1974)には改訂新版を刊行。

高浜虚子の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
愛媛県松山市湊町
生年月日
1874年2月22日 うお座
没年月日
1959年4月8日(享年85歳)
別表記
高濱 清