• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大野林火の解説 - 小学館 大辞泉

[1904~1982]俳人。神奈川の生まれ。本名、正 (まさし) 。臼田亜浪 (うすだあろう) に学び、俳誌「石楠 (しゃくなげ) 」に作品を発表。第二次大戦後、俳誌「」を創刊し、主宰。句集に「冬青集」「早桃」、評論に「高浜虚子」など。

大野林火の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
神奈川県横浜市
生年月日
1904年3月25日 おひつじ座
没年月日
1982年8月21日(享年78歳)
別表記
大野正

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉