出典:デジタル大辞泉(小学館)

その場所で常に興行している芝居。常打ちの芝居。

「橋ひとつ南へ渡れば―のあるに」〈浮・男色大鑑・七〉