出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。六根 (ろっこん) の一。認識作用のよりどころとなる器官。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉