出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]《「記 (しる) す」と同語源》
  1. しるしをつける。目じるしとする。また、形跡を残す。「点検済みの符号を―・す」「足跡を―・す」「第一歩を―・す」

  1. (「徴す」とも書く)前兆を示す。兆 (きざ) しを現す。

    1. 「新 (あらた) しき年の初めに豊の年―・すとならし雪の降れるは」〈・三九二五〉