せいじりんり‐こうりょう〔セイヂリンリカウリヤウ〕【政治倫理綱領】 の意味

  1. 国会議員政治倫理のあり方の基本理念を示した綱領。昭和60年(1985)の国会法改正に伴い衆議院参議院でそれぞれ議決された。「政治倫理の確立は、議会政治の根幹である」とする前文と、「われわれは、政治倫理に反する事実があるとの疑惑をもたれた場合にはみずから真摯な態度をもつて疑惑を解明し、その責任を明らかにするよう努めなければならない」(第4項)などの5項目からなる。この綱領をもとに、国会議員が遵守すべき具体的な準則として「行為規範」が制定されている。→政治倫理審査会