出典:デジタル大辞泉(小学館)

Sankt Petri Dom》ドイツ北西部、ブレーメン州の州都、ブレーメンの旧市街中心部にある大聖堂。創建は8世紀末だが、たび重なる火災や戦災で破壊された。11世紀に再建が始まり、増改築が繰り返され、ロマネスク様式やゴシック様式が混在する。大聖堂が面するマルクト広場の市庁舎とローラント像は、2004年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ブレーメン大聖堂。