だん‐しゅ【断種】例文一覧 1件

  1. ・・・であり、他の一つは、理学博士、医学博士というようなひとの夫人の一部によってこしらえられた「断種協会」である。 女ばかりの株式会社は、要するに御亭主の支店のようなものであり、女の細心で儲けて見せますというたちのものである。大阪辺では女ばか・・・<宮本百合子「花のたより」青空文庫>