出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ちきり」とも》

  1. 竿秤 (さおばかり) の一。竿の上のひもに棒を通し、二人で担って量るもの。1貫目(3.75キロ)以上の重いものを量る。

  1. 繭や卵・貨幣などの重さを量る小さな秤のこと。