出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国の王陽明が唱えた学説。朱熹 (しゅき) の先知後行説に対して、知識や認識は必ず実行を予想しているものであり、知って行わないのは真に知っているのではないとし、知(真の認識)と行(道徳的実践)とは表裏一体をなすと説く。