ちゃく‐だん【着弾】例文一覧 1件

  1. ・・・小児の手からは、やや着弾距離を脱して、八方こっちへ近づいた処を、居士が三度続けて打った。二度とも沈んで、鼠の形が水面から見えなくなっては、二度とも、むくむくと浮いて出て、澄ましてまた水を切りましたがね、あたった! と思う三度の時には、もう沈・・・<泉鏡花「半島一奇抄」青空文庫>