とり‐おき【取(り)置き】例文一覧 1件

  1. ・・・「これほどの世間の重宝を、手ずからにても取り置きすることか、召使に心ままに出し入れさすること、日頃の大気、又下の者を頼みきって疑わぬところ、アア、人の主たるものは然様無うては叶わぬ、主に取りたいほどの器量よし。……それが世に無くて、此様・・・<幸田露伴「雪たたき」青空文庫>