出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]
  1. 熱を加えて、むらのないようにこね固める。また、こねまぜて、粘りけが出るようにする。「あんを―・る」「のりを―・る」「粘土を―・る」

  1. (練る)生絹 (きぎぬ) を灰汁 (あく) などで煮てしなやかにする。「―・った絹」

  1. 皮類をなめす。なめし革にする。「皮を―・る」

  1. (「錬る」とも書く)金属に焼きを入れて硬質なものに鍛える。「鉄を―・る」「刀を―・る」

  1. さらによいものにするために内容を検討したり、手を加えたりする。「計画を―・る」「文章を―・る」

  1. 学問や技芸などを鍛えみがく。修養・経験などを積む。練磨する。「技を―・る」「腕を―・る」

  1. (「邌る」とも書く)

    1. ㋐そろそろと行く。また、行列を整えてゆっくり進む。「楽隊が町を―・っていく」

    2. ㋑行きつ戻りつしながら進む。「みこしが―・る」

  1. 木の枝などをたわめて作る。

    1. 「かの丘に萩刈るをのこ縄をなみ―・るやねり麻 (そ) の砕けてぞ思ふ」〈拾遺・恋三〉

  1. 海水を煮て塩をつくる。精製する。

    1. 「潮 (うしほ) ―・るかまどの煙気 (け) をぬるみ雪もたまらぬ海人 (あま) のあばら屋」〈夫木・三五〉

[可能]ねれる
[動ラ下二]ね(練)れる」の文語形。

出典:青空文庫

出典:gooニュース