切磋琢磨の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

学問や人徳をよりいっそう磨き上げること。また、友人同士が互いに励まし合い競争し合って、共に向上すること。▽「切」は獣の骨や角などを切り刻むこと。「磋」は玉や角を磨く、「琢」は玉や石をのみで削って形を整える、「磨」は石をすり磨く意。「磋」は「瑳」とも書く。
出典
『詩経しきょう』衛風えいふう淇奥きいく
句例
切磋琢磨する仲
用例
愚劣とみたものが、実は切磋琢磨の功を積んで成った虚飾ない真実の姿であるという場合もあり得よう。<石坂洋次郎・若い人>
類語
砥礪切磋しれいせっさ
活用形
〈―スル〉

切磋琢磨の解説 - 学研 四字辞典熟語

互いに励ましあって鍛錬や修行をすること。仲間が、互いに協力したり競ったりして、技量を高め合うこと。骨・象牙・玉・石は加工することによって、美しい宝石になるという意味。もとは天性の素質のある者が修養を積み、立派な君子になるという意味であった。
注記
「切」は骨の、「磋」は象牙の、「琢」は玉の、「磨」は石の、それぞれ加工法。「切せっするが如ごとく、磋するが如く、琢たくするが如く、磨するが如し」と読み下す。
表記
「磋」は、「瑳」とも書く。
出典
『詩経しきょう』衛風えいふう・淇奥きいく
用例
おれは詩によって名を成そうと思いながら、進んで師に就いたり、求めて詩友と交わって切磋琢磨に努めたりすることをしなかった。〈中島敦・山月記〉

切磋琢磨の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)《「詩経」衛風・淇奥から。「琢磨」は玉・石などを打ち磨く意》学問をし、徳を修めるために、努力に努力を重ねること。また、友人どうしで励まし合い競い合って向上すること。「互いに切磋琢磨して技術改新を成し遂げる」

キーワード[学問・学習]の四字熟語

キーワード[努力]の四字熟語

出典:gooニュース