• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

精励恪勤の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

力の限りを尽くして学業や仕事に励むこと。▽「精励」は力を尽くして努めること、「恪」はつつしむ意で、「恪勤」はまじめに一生懸命勤めること。「恪勤精励かっきんせいれい」ともいう。
用例
会社の仕事は決して疎おろそかにしたことはなく、依然として精励恪勤な模範的社員だったので、<谷崎潤一郎・痴人の愛>
類語
刻苦勉励こっくべんれい 精励勤勉せいれいきんべん 昼耕夜誦ちゅうこうやしょう 奮励努力ふんれいどりょく

精励恪勤の解説 - 学研 四字辞典熟語

全力を尽くし仕事や勉学に励んで、怠らないこと。精力を傾けて集中して事にあたること。
注記
「精励」は、真心をこめて励むこと。「恪」は、つつしむ。また、きまじめなさま。「恪勤」は、忠実に仕事をすること。「恪勤精励かっきんせいれい」ともいう。
類語
勤倹力行きんけんりっこう 奮励努力ふんれいどりょく

精励恪勤の解説 - 小学館 大辞泉

仕事などにまじめに励むこと。

[励ましたり、褒めたり/努力する]カテゴリの四字熟語

キーワード[正しい言動]の四字熟語

キーワード[努力]の四字熟語