• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

面壁九年の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一つのことに忍耐強く専念して、やり遂げることのたとえ。長い間わき目もふらずに努力を続けることのたとえ。▽「面壁」は壁に向かって座禅を組むこと。「九年面壁くねんめんぺき」ともいう。
出典
『景徳伝灯録けいとくでんとうろく』三
句例
面壁九年の努力がみのる
用例
面壁九年の修学をば、なお終おえずして早く巳すでに、尻が裂やぶれたる書生もあるべし。以下の物語を読む人々は、情欲の種類のいろいろなるをば、些と気をつけて見たまえかし。<坪内逍遥・当世書生気質>
故事
中国南北朝時代、達磨だるま大師が中国の嵩山すうざんの少林寺しょうりんじに籠こもり、九年もの長い間壁に向かって座禅を組み続け、ついに悟りを開いたという故事から。

面壁九年の解説 - 学研 四字熟語辞典

長い間一つのことに辛抱強く取り組むことのたとえ。
注記
「面壁」は、壁に向かって座禅を組むこと。「九年面壁くねんめんぺき」ともいう。
故事
中国南北朝時代、禅宗の始祖とされる達磨だるま大師がインドから中国に渡って以後、嵩山すうざん(洛陽の東方にある山)の少林寺しょうりんじに籠もって九年間も壁に向かって座禅を組み続け、悟りを開いたという。
出典
『景徳伝灯録けいとくでんとうろく』三

面壁九年の解説 - 小学館 大辞泉

菩提達磨 (ぼだいだるま) が、中国の少林寺で無言のまま9年間も壁に面して座禅し、悟りを開いたという故事。

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。