• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雨過天晴の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

悪かった状況や状態がよいほうに向かうたとえ。雨がやみ、空が晴れ渡り明るくなる意から。▽「晴」は「青」とも書く。「雨あめぎて天てんる」と訓読する。
句例
雨過天晴の気分

雨過天晴の解説 - 学研 四字辞典熟語

雨がやんで空が晴れる意から、芳しくない事態が好転すること。
注記
「雨あめぎて天てんる」と読み下す。
表記
「晴」は、「青」とも書く。

雨過天晴の解説 - 小学館 大辞泉

《雨がやみ、空が晴れわたる意から》悪かった状況や状態が、よいほうに向かうことのたとえ。

[補説]「雨過天青」とも書く。

[励ましたり、褒めたり/励ます・勇気づける]カテゴリの四字熟語

キーワード[変化・変動]の四字熟語