森羅万象の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天地間に存在する、数限りないすべてのもの(万物)や事象。▽「森羅」は樹木が限りなく茂り並ぶ意で、たくさん連なること。「万象」はすべての形あるもの、有形のものの意。「万象」は「ばんぞう」「まんぞう」とも読む。
出典
『法句経ほっくきょう
句例
森羅万象の賛歌、この世の森羅万象
用例
し夫れ春去り夏来り秋と更かわり冬と換かわるは、四時しいじの法度はっとなり。日暮れ夜継ぐは、一日いちじつの則のりなり。宇宙間の森羅万象一つとしておのづから法度を有せざるはなし。<坪内逍遥・小説神髄>
類語
有象無象うぞうむぞう

森羅万象の解説 - 学研 四字辞典熟語

宇宙に存在するすべての事物や現象。天地の間にある一切の事象。
注記
「森羅」は、無数に連なって並んでいること。「万象」は、「まんぞう」「ばんぞう」とも読み、あらゆる形や物事のこと。出典の「森羅万象は、一法いっぽうの印いんする所ところなり」による。
出典
『法句経ほっくぎょう
類語
一切合切いっさいがっさい 有象無象うぞうむぞう

森羅万象の解説 - 小学館 大辞泉

宇宙に存在する一切のもの。あらゆる事物・現象。しんらまんぞう。

[補説]人名別項。→森羅万象

しんらばんしょう(森羅万象)」に同じ。

「御主 (あるじ) デウス―ヲツクリタマウ」〈日葡

キーワード[ありとあらゆる(物・人・事)]の四字熟語