• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

棟梁之材の解説 - 学研 四字熟語辞典

国家を支える重任に耐える人材。
注記
「棟」は、むなぎ。「梁」は、うつばり。むなぎやうつばりは家屋の中心的存在であって、屋根を支えるから。
用例
平門の柱石はかくの如くにして砕けたり。棟梁の材既になし、かくして誰か成功を百里の外に期するものぞ。〈芥川龍之介・木曾義仲論〉

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。