• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蛍雪之功の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

苦労して学問に励むこと。▽「蛍雪」は蛍の光と雪明かり。
出典
『蒙求もうぎゅう』孫康映雪そんこうえいせつ、車胤聚蛍しゃいんしゅうけい
句例
蛍雪の功を積む
用例
ついに多年蛍雪の功が現われて一片の卒業証書を懐いだき<二葉亭四迷・浮雲>
類語
苦学力行くがくりっこう 蛍窓雪案けいそうせつあん 懸頭刺股けんとうしこ 車胤聚蛍しゃいんしゅうけい 断薺画粥だんせいかくしゅく
故事
しんの車胤しゃいんは貧しくて灯油が買えず、夏は蛍を集めて薄い練り絹の袋に入れ、その光で勉強し(『晋書しんじょ』車胤伝しゃいんでん)、同じく貧しかった孫康そんこうは、冬は窓から入る雪明かりで勉強した(『初学記しょがくき』二に引く『宋斉語そうせいご』)故事から。

蛍雪之功の解説 - 学研 四字辞典熟語

苦労しながら勉学にはげむこと。また、苦学した成果のこと。
注記
「蛍雪」は、蛍の光と雪明かりのこと。
故事
中国晋しんの時代、車胤しゃいんという若者は家が貧しくて灯火用の油が買えないため、蛍を薄い布袋に入れて、その光のもとで書物を読んで勉強し、また、同じように貧しかった孫康そんこうという若者は、冬は窓から入る雪明かりのもとで勉強したという。
出典
『晋書しんじょ』車胤しゃいん
類語
苦学力行くがくりっこう 蛍窓雪案けいそうせつあん 懸頭刺股けんとうしこ

キーワード[学問・学習]の四字熟語

キーワード[努力]の四字熟語