• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

懸頭刺股の解説 - 学研 四字熟語辞典

苦労して勉学にはげむことのたとえ。また、眠気をこらえて勉強することのたとえ。
注記
「懸」は、ひっかける、つり下げること。「懸頭」は、頭を何かにひっかけること、つり下げること。「刺股」は股ももを何かで突き刺すこと。どちらも眠気をこらえるための工夫で、それほどの苦労をしてまで勉学にはげんだという意から。「頭こうべを懸け股ももを刺す」と読み下す。「刺股懸頭しこけんとう」ともいう。
故事
「懸頭」は、中国漢の時代、孫敬そんけいが眠気をこらえるために、天井の梁はりからつり下げた縄に首をひっかけ、頭を垂れると自然に首が締まり、目が覚めるように工夫して勉学にはげんだということから。「刺股」は、中国戦国時代、蘇秦そしんが眠気をこらえるために、眠くなると股に錐を刺して読書にはげんだということから。
出典
『戦国策せんごくさく』秦しん
類語
円木警枕えんぼくけいちん 苦学力行くがくりっこう 蛍雪之功けいせつのこう 蛍窓雪案けいそうせつあん
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。