• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

円木警枕の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

苦労して懸命勉学に励むたとえ。また、物事精励して寝る間も惜しむこと。眠り込んでしまわないように、すぐ転んで目が覚めるようにした丸木の枕まくらの意から。▽「警枕」は眠り込まないようにした枕。軍中などで使われた。
出典
『資治通鑑しじつがん』後梁紀こうりょうき
類語
蛍雪之功けいせつのこう 懸頭刺股けんとうしこ
故事
そうの司馬光しばこうは学問に励み、眠り込むと枕が転がってすぐ目が覚めるように、小眠するのに丸い木を枕にして勉学に励んだという故事から。(范祖禹はんそう「司馬温公布衾銘記しばおんこうふきんめいき」)

円木警枕の解説 - 学研 四字熟語辞典

寝る間も惜しみ努力して、一生懸命勉学に励むこと。
注記
「円木」は、丸い木。「警枕」は、眠りを覚まさせる枕。
表記
「警枕」を「警沈」と書きちがえない。
故事
中国北宋の時代、司馬光しばこうは円い木を枕にして、読書中に、うっかりうつらうつらすると円い枕が転がってはっと目を覚まし、また勉学に励んだという。
出典
『資治通鑑しじつがん』後梁こうりょう
類語
懸頭刺股けんとうしこ
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。