• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

出藍之誉の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

弟子が師よりもすぐれた才能をあらわすたとえ。青色の染料は藍あいから取るものだが、もとの藍の葉より青くなることからいう。▽「藍」は、たで科の一年草。「青は藍より出でて藍よりも青し」ともいう。
出典
『荀子じゅんし』勧学かんがく。「青は之これを藍より取りて藍よりも青し」
句例
出藍の誉れ高い弟子
用例
そういうのを出藍の誉れと言うんじゃ。出藍の誉れの、そう、(中略)坊はいま菅原ブッチュウから、『論語』を習っている。<森敦・わが人生の旅>

出藍之誉の解説 - 学研 四字辞典熟語

弟子が、その技術や能力において、師匠を超えること。もとになったものより、そこから出てきたものの方がすぐれているという意味。
注記
本来、師が弟子をほめるときのことばで、弟子本人が師に対して使ったりしない。また部下が上司に対しても使わない。「青あおは藍あいより出でて、藍あいより青あおし」という語句から。藍草あいぐさからとった青い染料の青さは、もとの藍草の色より美しいという意。元来は、荀子じゅんしが、学問の必要性を説いたことばで、勉学に励めばより高いところへ達することができるということ。
出典
『荀子じゅんし』勧学かんがく

[励ましたり、褒めたり/褒める・評価する]カテゴリの四字熟語

キーワード[君臣・師弟・上司と部下]の四字熟語