• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

出離生死の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教のことばで、生死に捕らわれた迷いの境地から逃れ、悟りの境地に入ること。
用例
齡六十に越え給へば、出離生死しゆつりしやうじの御營おんいとなみ、無上菩提の願ひの外、何御不足なにごふそくのあれば、煩惱劫苦ぼんなうごふくの浮世に非道の權勢を貧り給ふ淺ましさ。〈高山樗牛・瀧口入道〉

出離生死の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

仏語。悟りを開いて、生死の苦海から脱すること。涅槃 (ねはん) の境地に入ること。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月