• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

則天去私の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

小さな私にとらわれず、身を天地自然にゆだねて生きて行くこと。▽「則天」は天地自然の法則や普遍的な妥当性に従うこと。「去私」は私心を捨て去ること。夏目漱石そうせきが晩年に理想とした境地を表した言葉で、宗教的な悟りを意味するとも、漱石の文学観とも解されている。「天てんに則のっとり私わたくしを去る」と訓読する。
句例
則天去私の境地、則天去私を旨とする

則天去私の解説 - 学研 四字辞典熟語

自然の道理に従って、狭量な私心を捨て去り、崇高に生きること。
注記
「天てんに則のっとり、私わたくしを去る」と読み下す。夏目漱石の晩年、理想とした境地、人生観として有名で、宗教的な境地とも言われる。

則天去私の解説 - 小学館 大辞泉

《天に則 (のっと) り私を去るの意》夏目漱石が晩年に文学・人生の理想とした境地。自我の超克を自然の道理に従って生きることに求めようとしたもの。漱石自身の造語。