• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

涅槃寂静の解説 - 学研 四字辞典熟語

煩悩ぼんのうをなくして、悟りの境地に到達すること。
注記
仏教のことば。「涅槃」は、梵語ぼんごのニルヴァーナの音訳で、あらゆる煩悩や苦しみから逃れた安らぎの境地のこと。「寂静」は、もの静かなさま。転じて、煩悩を脱し、苦しみをなくして、真理に到達した涅槃の境地のこと。「寂静」を「じゃくせい」と読み誤らない。

キーワード[悟り]の四字熟語