• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無念無想の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一切の邪念から離れて、無我境地到達した状態。単に何も考えていないことを指すこともある。▽仏教語。「無念」は雑念を生じる心を捨て無我境地に至ること。「無想」は心の働きがない意。「無想無念むそうむねん」ともいう。
句例
無念無想の境地
用例
ようやく心がいつもの静坐せいざの時のように澄みきって来て、無念無想の瞬間に見舞われた。<瀬戸内晴美・遠い声>
対義語
千思万考せんしばんこう 多情多恨たじょうたこん

無念無想の解説 - 学研 四字熟語辞典

あらゆる邪念を捨て去り、無我境地に達すること。
注記
もとは仏教のことば。「無念」も「無想」も、何も考えないこと。「無想無念むそうむねん」ともいう。
表記
「無想」を「夢想」と書きちがえない。

無念無想の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

  1. 仏語。一切の想念を離れること。無我境地に入り、無心になること。

  1. しっかりした考えを持っていないこと。思慮のないこと。

    1. 「—の下部ども」〈浄・百合若大臣〉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。