• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千思万考の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

何度も考えること。また、あれこれ考えて思いをめぐらすこと。▽「千」「万」は数の多いことを示す。「思」は細かいことを考える。何回も思考してみるという意味。
句例
千思万考した後で決断する
用例
二時間ばかりというものは黙坐もくざして腕を拱んで、沈吟して嘆息して、千思万考、審念熟慮して屈託して見たが、詮ずる所は旧もとの木阿弥。<二葉亭四迷・浮雲>
類語
千思万想せんしばんそう 千思万慮せんしばんりょ 千方百計せんぽうひゃっけい 百術千慮ひゃくじゅつせんりょ
活用形
〈―スル〉

千思万考の解説 - 学研 四字辞典熟語

あれこれ考えをめぐらすこと。また、その考え、結論。千や万ほどの思考という意味。

千思万考の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)あれこれと思いをめぐらすこと。また、その思いや考え。千思万慮。

[言動を表す/じっくり考える]カテゴリの四字熟語

キーワード[考える]の四字熟語