【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

海闊天空の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

海や空がきわまりなく広がっていること。人の気性で心が広々として度量が大きく、何のわだかまりもないたとえ。また、言葉や発想などが限りなく広がるたとえ。▽「海闊」は大海が広々としていること。「天空」は空がからりと晴れ上がってどこまでも広いこと。「闊」は「濶」とも書く。「天空海闊てんくうかいかつ」ともいう。
出典
『詩話総亀しわそうき』前集三〇に引く『古今詩話ここんしわ』。「大海魚の躍るに従い、長空鳥の飛ぶに任まかす」
句例
海闊天空の好季節

海闊天空の解説 - 学研 四字熟語辞典

心が広く、何のわだかまりもないことのたとえ。また、文章や発想などが次々と広がることのたとえ。
注記
「海闊」は、海のように広いこと。「天空」は、空がからっと晴れ上がって広々していること。「天空海闊てんくうかいかつ」ともいう。
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月