• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

飲水思源の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事の基本を忘れないという戒めの語。また、他人から受けた恩を忘れてはいけないという戒めの語。水を飲むとき、その水源のことを思う意から。▽「思源」は源のことを考える意。「水みずを飲みて源みなもとを思おもう」と訓読する。
類語
飲水懐源いんすいかいげん
対義語
得魚忘筌とくぎょぼうせん

飲水思源の解説 - 学研 四字熟語辞典

水を飲むときにその水源に思いをめぐらす意から、物事の基本を大切にするたとえ。
注記
「思源」は、源に思いを馳せること。「水みずを飲みて源みなもとを思おもう」と読み下す。

キーワード[本/末]の四字熟語