• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

本末転倒の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事の根本的なことと、そうでないこととを取り違えること。▽「本末」は根本的なことと枝葉のこと。「転倒」はひっくり返すこと。「転」は「顛」とも書く。
句例
本末転倒も甚だしい
用例
飲み水を削ってまで耕地を開こうとのお考えは、本末転倒ではありますまいか。<杉本苑子・玉川兄弟>
類語
冠履転倒かんりてんとう 釈根灌枝しゃくこんかんし 釈根注枝しゃくこんちゅうし 舎本逐末しゃほんちくまつ 主客転倒しゅかくてんとう
活用形
〈―スル〉

本末転倒の解説 - 学研 四字辞典熟語

物事で大切な部分と瑣末な部分を取り違えること。
注記
「本末」は、根本的なことと瑣末なこと。「転倒」は、ひっくり返ること。
表記
「転」は、「顚」とも書く。
類語
冠履転倒かんりてんとう 釈根灌枝しゃくこんかんし 舎本逐末しゃほんちくまつ 主客転倒しゅかくてんとう

本末転倒の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)根本的で重要なこととささいでつまらないことを取り違えること。「本末転倒もはなはだしい」「本末転倒した考え」