• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蚊虻走牛の解説 - 学研 四字辞典熟語

ごく小さなものでも、強大なものを制することができるというたとえ。また、微細な事柄から大きな事件に発展することがあるというたとえ。
注記
「蚊虻」は、カとアブ。弱小なもの、微小なもののたとえ。「走牛」は、牛が走ること。カやアブは小さな虫だが、たかられて血を吸われるのを嫌って、大きな牛が走って逃げる意から。「蚊虻ぶんぼう牛羊ぎゅうようを走はしらす」の略。
出典
『説苑ぜいえん』談叢だんそう

キーワード[逆]の四字熟語