• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

釈根灌枝の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

末節に心を奪われたりこだわったりして、物事の根本を忘れるたとえ。木の根に水をやらないで、枝に注ぎかける意から。▽「釈」は捨てる意。「灌」は水を注ぎかける意。一般に「根を釈てて枝えだに灌そそぐ」と訓読を用いる。
出典
『淮南子えなんじ』泰族訓たいぞくくん
類語
捨根灌枝しゃこんかんし 捨根注枝しゃこんちゅうし 舎本逐末しゃほんちくまつ 主客転倒しゅかくてんとう 本末転倒ほんまつてんとう

釈根灌枝の解説 - 学研 四字熟語辞典

些細ささいなことにこだわって、物事の基本を忘れること。木の根に水をやらずに、枝に水をかけるという意味。
注記
「釈」は、捨てる。「灌」は、注ぐ。「根を釈てて枝えだに灌そそぐ」と読み下す。
出典
『淮南子えなんじ』泰族たいぞく
類語
舎本逐末しゃほんちくまつ 主客転倒しゅかくてんとう 本末転倒ほんまつてんとう

キーワード[逆]の四字熟語

キーワード[本/末]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。