疑心暗鬼の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

疑いの心があると、なんでもないことでも怖いと思ったり、疑わしく感じることのたとえ。疑いの深さからあらぬ妄想にとらわれるたとえ。疑いの心をもっていると、いもしない暗闇くらやみの亡霊が目に浮かんでくる意から。▽「疑心」は疑う心。「暗鬼」は暗闇の中の亡霊の意。「疑心暗鬼を生ず」の略。「暗」は「闇」とも書く。
出典
『師友雑志しゆうざっし
句例
疑心暗鬼になる、疑心暗鬼を生ずる
用例
いや、やっぱり自分の疑心暗鬼にすぎないのだ、と、私はそうも思い直してみた。<谷崎潤一郎・鍵>
類語
杯中蛇影はいちゅうのだえい 風声鶴唳ふうせいかくれい

疑心暗鬼の解説 - 学研 四字辞典熟語

一度疑い始めると、何でもないことまで疑問や不安を感じたり、恐ろしくなってくることのたとえ。
注記
「疑心暗鬼を生しょうず」の略。「暗鬼」は、暗闇の中にいる亡霊。疑い始めると、暗闇の中に、いるはずのない亡霊の姿まで見えるようになるという意から。「暗」は、「闇」とも書く。
出典
『師友雑志しゆうざっし
類語
草木皆兵そうもくかいへい 杯中蛇影はいちゅうのだえい 風声鶴唳ふうせいかくれい

疑心暗鬼の解説 - 小学館 大辞泉

[さまざまな状態を表す/疑心暗鬼]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース

キーワード[疑う]の四字熟語

キーワード[不安]の四字熟語

出典:青空文庫