• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

疑事無功の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

疑いながら、またためらいながら事を行うようでは、成果は期待できないということ。一度決めたことは決然として断行すべきであるという戒めの語。▽「疑事ぎじこうし」と訓読する。
出典
『戦国策せんごくさく』趙策ちょうさく。「疑事は功無く、疑行は名無し」
類語
疑行無名ぎこうむめい